XAMPP for WindowsとWordPressのインストール


XAMPPとはWebサーバーソフトのApache、データベースのMySQL、PHP、Perlなどを簡単にまとめてインストールできるソフトウエアです。導入する事でローカル環境でWordpressのテーマ作成時のテストなど行えて便利です。 初心者でも簡単ですので導入をおすすめします。※セキュリティの設定は重要です。

ダウンロードとインストール

今回はPC「Windows Vista」に「XAMPP for Windows1.7.3」をインストール。
最新版「XAMPP for Windows1.7.4」はVistaでエラーが出るようです

ダウンロード: XAMPP for Windows
ダウンロードファイル:「XAMPP Windows」xampp-win32-1.7.3.exe
インストール先: C:\xampp

ダウンロードしたファイルの実行

「xampp-win32-1.7.3.exe」

インストールについてはこちらのサイトが参考になります

インストールが完了したらXAMPPコントロールパネルからApacheとMySQLの起動(startボタン)

ApacheとMySQLの横に(Running)が表示されていれば起動中

ブラウザで http://127.0.0.1/ にアクセス。
以下の画面でインストール完了。※初回起動時のみ言語設定が必要なので「日本語」を選択

次にセキュリティの設定をします。・・・XAMPPのセキュリティについて
※管理メニューのセキュリティで確認するとステータスの部分に「要注意」が表示されます

MySQLのセキュリティコンソール & XAMPPのディレクトリ制御でパスワードの設定
XAMPPの管理画面にパスワード・MySQLの管理者にパスワードの設定をします。

外部からのアクセス制限をかける・・ローカルホストのみ許可する場合
「C:\xampp\apache\conf 」内の httpd.conf ファイルをテキストエディタで開き47行目あたりを修正

設定後はApache、MySQLを再起動
※管理メニューのセキュリティでステータスの部分に「要注意」が消えているか確認してください

セキュリティ画面

WordPressのインストール

「phpMyAdmin」データベース新規作成

XAMPPのhtdocsディレクトリに新規フォルダを作成(※データベース名)

WordPressをダウンロード
WordPressを解凍。XAMPPのhtdocs新規作成したフォルダ内

WordPressファイル内の「wp-config-sample.php」を開いて「MySQL 設定」部分の書き換え。

書き換え後、ファイル名「wp-config.php」でBOMなし(UTF-8N)で保存。

ブラウザで「http://localhost/データベース名/wp-admin/install.php」を開き、WordPressの設定
ブラウザで「http://localhost/データベース名/wp-admin/」(WordPressログイン)画面が表示されれば完了。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*