リビジョンの設定ができるWordPressプラグイン「Revision Control」


投稿リビジョンや自動保存は便利なのですが、何度も編集を繰り返していると履歴が溜まってしまい、その都度データベースに書き込まれます。そして履歴は1つの投稿と同様にデータベースを消費してしまいます。
※投稿毎のIDが連番にならないのは、これが原因です。

そしてこれらの設定をカスタマイズできるプラグインが「Revision Control」です。

 

ダウンロード:「Revision Control

上記サイトからダウンロード後ファイルを解凍、FTPで「wp-content/plugins」にアップロード。
コントロール画面の「プラグイン」にて「Revision Control」を有効化。
投稿リビジョン、ページリビジョン設定は、コントロール画面の「設定」→「Revisions」

スクリーンショット
リビジョンの「ON/OFF」、件数の設定ができます。

スクリーンショット
また、個別投稿・個別ページの編集で、過去の記事も削除できるようになります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*