楽天ショップの構築、サイト作成時の注意


何年か前に管理しているサイト宛てに月々5万円で楽天から
「日本最大のショッピングモールに出店」とかいうメールの案内がきた記憶がある。
そのショップは楽天のロイヤリティなど考えると採算が合わないのでやめたらしいが・・。

しかし今回、別件ですでに契約していた楽天のショップのリニューアルを依頼された。
話を聞いてみるとショップ構築が難しいのと効果がないのでやめようとしたら、
月々19500円のプランを薦めてきたらしい?そしてとりあえず、継続してみることにしたという。

さっそくマニュアルを送ってもらい、ログインして機能などいじってみる。
まぁ感想としては、一言でいうと使いにくい!
あとで調べてみるとこのマニュアルさえも有料らしい?(RMS入門マニュアルセット32,000円(税別))

そしてショップ編集機能(旧R-Storefront)で現サイトをみてみると操作は簡単だったが、
レイアウトは応用きかないし、まずはいくつかの疑問点をサポートに電話して聞いてみた。

すると、今後の商品登録する場合は(新R-Storefront)にした方が良いとの事。
理由として、現在、楽天は編集機能(新R-Storefront)と(旧R-Storefront )という二種類のシステムで
店舗構築するようになっていて、これが年内には(新R-Storefront)に移行との事。
これは良いのだが、面倒なのが商品登録については以下のように連動性がないので
(旧R-Storefront)で登録した商品は、(新R-Storefront)に再登録しないといけないのだ。


作業にはいる前のポイント ・・以下の楽天のショップ独自の名称等の理解が必要

  • RMSとは・・
    楽天が独自開発したシステム。RMS(Rakuten Merchant Server)
  • R-Cabinetとは・・
    画像の登録、画像管理機能
  • R-Storefrontとは・・
    RMSの店舗構築機能の事。(新R-Storefront)と(旧R-Storefront )がある。
  • 楽天GOLDとは・・
    RMSのR-Storefrontとは別に最大100MBまでHTMLを自由に書いて使える無料スペース。

店舗構築機能(新R-Storefront)と(旧R-Storefront )との違い

  1. 今までの編集機能のページは編集できまない
    旧R-Strefrontと新R-Storefrontはまったく別の機能。
    旧R-Storefront で作成 したページを新R-Storefrontで編集することはできない。
  2. 今までの商品ページと異なり、1ページ1商品
    新R-Storefrontの商品ページは、1ページ1商品しか登録できない。
  3. 商品は再登録
    旧R-Storefrontで作成した 商品を新R-Storefrontに自動的に移行することはできず、
    移行するには再登録が必要。

R-Cabinet画像管理機能

  • 楽天の場合この「R-Cabinet」を利用して画像の登録/管理。バナー、商品の画像などはこちらに予めアップしておく必要があります。
  • 出店プラン名:「ライト・がんばれ!」
    容量:500MB
    新規フォルダ上限数:100フォルダ
    登録枚数(基本フォルダ):5000枚
    登録枚数(新規フォルダ):500枚
    このプランでは画像一括登録での上限は12枚の画像ファイル4MBまで
    (個別に登録する場合、一枚の画像の容量制限は2MB)

注意)

  • 新R-Storefrontでは商品をカテゴリページに登録しても、そのカテゴリページに商品が表示されるまで最大で24時間かかる

これらを理解したうえでトップページ作成にはいりましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*